春季彼岸永代読経会修行 その1

先般、21日~24日の4日間、当寺春季彼岸永代読経会をお勤めいたしました。

毎年、法要期間に様々な催しを行っております。

21、22日の両日、お世話になっております、あみだ堂仏具店さんの「仏具展示即売会」を開催いたしました。今年は特に、あみだ堂さんが新事業として京都の和雑貨を取り扱うことになり、沢山の和雑貨を御用意くださいました。

かわいらしいものばかりで、皆さん「キャッキャッ」と言って喜ばれておりました!

また婦人会の皆様に、北海道の郷土料理である芦別、赤平、産炭地で食された「がたたん汁」「がたたんラーメン」、美唄の「とりめし」を実際に再現して、北海道の先人が食したものを口にして、あらためて先人のご苦労をお偲びさせていただく、そんなご縁をおつくりいただきました。

その売上げは、東日本大震災、熊本地震、九州地方豪雨水害等の義捐金としてご本山を通してお納めさせていただきます。

「がたたん汁」

「がたたんラーメン」

「とりめし」

お中日(21日)の夕方には、2度目のご縁となります桂三段さんの落語会を開催いたしました。私も久しぶりにお腹を抱えて笑わせていただきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です