当山宗祖親鸞聖人報恩講(続き)

こんばんは。少し滞りましたσ(^_^;)

当山宗祖親鸞聖人報恩講二日目はあいにくの雨模様(>_<)
それでも足元の悪い中、多くのご門徒さんが参詣して下さいました。


大逮夜法要は、相焼香の江別眞願寺さんに御導師をお勤め頂きました。

夜の第二初夜法要は、「灯火のつどい」と題し、この1年間で大切な方をなくした方々と一周忌を迎えるご遺族を中心にお勤めさせていただいております。


合唱団「シャンティ」の皆さんにご協力頂き、音楽法要をお勤めいたしました。

とても感動的なご法話をいただきました。

三日目はおあさじを勤め、満日中法要をお勤めいたしました。

あっという間の三日間でした。
参詣者はもちろんの事、役員さん、婦人会を中心とした縁の下の力によって無事に報恩講をお勤めすることが出来ました。本当にありがとうございました。

翌日は、北広島大曲の興徳寺さんの報恩講でした。
お天気は昼間はなんとかもったのですが、夕方から雨模様となりました。


ご満座まで無事にお勤めすることが出来ました。こちらの名物は手作りギョウザで、お腹一杯よばれて、帰路につきました。

報恩講シーズンが始まるとなかなか時間の調整も難しく、お付き合いのあるお寺の報恩講の合間に約束するしかなく、9日、10日の土日は法事三昧でした。体力的に不安でしたが、なんとか無事にお勤め出来ましたσ(^_^;)

今日からは豊平覚英寺さんの報恩講に出勤しております。



明日、ご満座を勤め、夜はお通夜があります。実はこの12~16日の間、5日間で5ケ寺の報恩講が重なっておりまして、毎年ハードな期間なのですσ(^_^;)
体力温存する為に、今日はいつもより早く休みます。

それではまた。

オヤスミナサイ。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です