「正信偈講座」がスタート

こんばんは。

今朝はお葬式からはじまり、ひじょうにバタバタした一日でした。

なんせ今日から毎月の親鸞聖人御命日講に併せて、正信偈講座」がスタートすることとなっており、準備に追われました!

正午に門徒の皆様と、お講の当番の方々がご用意下さったおとき(お食事)をいただき、午後1時から本堂にて「正信偈」のお勤めをいたしました。

午後2時より、いよいよ「正信偈講座」がスタートいたしました。
たくさんのご参加を頂きました!

皆さん、真剣に御講義を受けられていました!

御講師 佐々木光明 師(札幌市北区篠路 浄土寺住職)



そもそも、この「正信偈講座」を開座するきっかけとなったのは、ご門徒のある老紳士から、「私もいい歳になって、自分の宗教のお経を読めなければ、意味も分からない。孫に何も伝え残すことが出来ない。」というお悩みのお言葉を頂いてから、ズーッと心に引っかかっておりました。

以前、毎月5日の常例法座の日の午前中に、少人数で毎月勉強会を開催しておりました。そこでは「正信偈」はもちろんのこと、「歎異抄」についても、一部のご門徒さんと学びを深めさせていただいておりましたが、いつのまにか忙しさに流され、休止状態となっておりました。

この度、このような大きい形で開催することが出来、ひじょうに嬉しく思っております。全てご参加いただくのは難しいかもしれませんが、是非ともたくさんの方々にこのご縁に遇って欲しいと心から念願することであります。次回は、3月16日開座です。

ちなみに、御講師に今日の手応えは?とご質問したところ、夜にわざわざメールを頂きました。
抜粋いたしますと、
「まず参加者の集中力を感じました。小生の力不足もありますが、普段の法座であれば、途中で居眠りされる方が何人かいらっしゃいますが、今日は一人もいませんでした。用意したテキストのみで進めると硬くなってしまうので、少し工夫はしましたが、最後までその集中力は途切れませんでした。次に、一体感を感じました。すでに顔なじみということもありますが、和やかな雰囲気が通底しておりました。ちょっとしたことで笑いが起こったり、この和やかな雰囲気が安楽寺さんのご門徒さんの良さだと、あらためて感じました。新たな参詣者が来られても、なじみやすいと思いました。とはいうものの、今日の参加人数を見て、来月の参詣者数が気になるところですが・・・。(笑)」

という感想を頂戴しました。
来月が楽しみですね~ いろんな意味で・・・。
とにかく無理せず、ご参加下さい!! よろしくお願いします!!


さて、数日前に、横浜にいる嫁さんの妹夫婦からこんなプレゼントが寧々に贈られてきました!!

アンパンマンとメロンパンナちゃんのひな人形(焼き物なんですよこれ!!)

もう世間様ではバレンタインが終わり、雛祭り商戦に突入しているんですもんね!!

アンパンマン大好き娘はとても喜んでおりましたが、何せ焼き物ですから、さわらせるわけにもいかず、遠くから眺めさせています!


おじちゃん・おばちゃんどうもありがとうね!!


明日は、午前中に法事を勤め、午後から千歳で後輩の婚礼に出席します。
天気が良ければいいのですが・・・。

それでは今日はこの辺で・・・・・。

オヤスミナサイ。。。。。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です